岐阜の相続に関するお悩みなら
最新コラム
  • 相続大改正

    税理士 西川正起  相続税の改正が施行され、既に1年が経ちました。相続の相談も目に見えて増加しています。  改 …

    続きを読む...

  • 土地・建物などの管理保全

    土地家屋調査士 伊藤慎二  相続財産の中で土地・建物など不動産の管理保全についてのお話をさせて頂きます。 まず …

    続きを読む...

  • 「相続」と「不動産」

    宅地建物取引士 長谷部一弘  最近、相続に関係する不動産の相談が増えています。  相談者からは「相続をしたが、 …

    続きを読む...

  • 私がなぜ遺言を書いたか?

    医学博士 長谷川嘉哉 私は、45歳になったとき遺言を書きました。その話をすると多くの方々から、その若さでなぜ? …

    続きを読む...

お客様の声

多くのお客様の声をいただいております

お問い合わせ

突然発生した「相続」 あなたは誰に相談しますか?

一般的に相続の相談といえばまず税理士にすれば良いと思われますが、税理士だけっで解決できないケースも多くあります。「法律どおりに解決する」というのは簡単ですが、本当の意味で納得する答えというのは、多くの場合、相談者自身が持っています。相続の相談は時として、争いを助長してしまうこともあるのです。当協会では、「相談者の方にとって最良の答えは何か?」ということを常に考え、専門家がご相談にあずからせていただきます。

東海相続支援コンサルティング協会

遺産相続の対策を行うことで、実際に相続があった時に納める税金をできるだけ少なくします。 相続税対策は、多くの対策を組合せ、できるだけ早めに始めることにより大きな効果が得られます。 遺言書の書き方、成年後見人選任、相続税対策など、お困り事・疑問がありましたら 相続のプロ集団・東海相続コンサルティング協会へご相談ください。

相続税法改正

相続税法の改正により、平成27年1月以降、相続税の非課税限度額が引き下げられ、今までは発生しないと思われていた人にも相続税が発生することになります。

など、相続に関する疑問や不安は誰しも持っているものです。
「うちは財産が少なく相続税はかからないから問題はない」という訳でもありません。
遺産が多いケースに比べ遺産が少ないケースで紛争事例が多いのは、遺産が少ないが故に生前に何の対策もとっていないことも原因と考えられます。
相続が発生する前だからこそご相談ください。
「相続税シミュレーションで現状を把握した上で、想定される問題を抽出し、解決策を考える」
事前対策のお手伝いをさせていただけるのが一般社団法人東海相続支援コンサルティング協会です。